ヒアロディープパッチの成分と使う時のポイントについて

の周りのしわや乾燥が気になる

ヒアロディープパッチは、夜スキンケアをした後目の下に貼るだけで、目の周りのしわや乾燥を改善できる商品です。

この商品の特徴は、極小のヒアルロン酸の針がシートにあり、その針のような構造により肌の角質までしっかり浸透する事ができ、このヒアルロン酸を、極小の針にしたのは世界初の技術です。

保湿力のあるヒアルロン酸やコラーゲンが含まれていて、更にプラセンタやビタミンC、ビタミンAなどが含まれています。

プラセンタは、ターンオーバーの促進やコラーゲンの生成、美肌などに効果があります。また、ビタミンCは抗菌作用やコラーゲンの生成、美肌などに効果があり、ビタミンAは特にシワ改善への効果が期待できます。

老化による目の下のシワや、乾燥によるシワ対策として、浸透性の強い針状のコラーゲンと複数の有効成分が改善へと効果を発揮する商品です。

使う時は、しっかりと洗顔をしてスキンケアを済ませて、化粧水や乳液が馴染んでから使用します。スキンケアをしてから、5分後辺りが理想で、貼る時は目の際から3mm程度離してはります。

この時に気をつけたいのが、スキンケアに使用するクリームや美容液は、油分が少ないものを使用する事がポイントです。油分が多いとはがれてしまったり、上手く張り付かない原因になります。

張り付き易いようにスキンケアを省略すると、保湿性が不足してしまうので、スキンケアをしてから貼るのがより効果を発揮します。

ヒアロディープパッチの口コミを調べたい方はこちらへ!